今期は「青年部リレー」と題して月一回、ブロック役員のコラムを掲載します。

(毎月第2日曜頃更新予定)

第1回 「彩凰舞丹霄(さいおうたんしょうにまう)」

新年おめでとうございます。

今期ブロック長を務めます対馬青年部の田中節竜と申します。

どうぞよろしくお願いいたします。

今期よりホームページ上で「青年部リレー」と題して月一回、ブロック役員がコラムを掲載します。

 そこで第一回目は私が選んだ禅語です。

輝かしい新春に相応しい語として選んだのは

 

「彩凰舞丹霄」 彩凰、丹霄(たんしょう)に舞う です。

 

五色の美しい彩りの翼をもつ鳳凰が雲一つない朝焼け、夕焼けの真っ赤な大空を悠々と舞っているという意味です。

鳳凰は、聖王(すぐれた徳があり立派な政治をする君主)が世に出るとそれに応じて現れるといわれる想像上のめでたい鳥で、これから明るい世の中が開けてくる兆しとされています。このことからよく新年のお茶会やめでたい席にこの語は用いられます。皆様のお住まいの各地域では初釜が催されたことでしょう。

 しかしながら新年を迎えてもなお、国内情勢はもとよりウクライナ戦争の長期化や周辺国をはじめとする世界情勢は益々先行きが不透明となり混沌としています。現実ではなかなか鳳凰が現れる兆しがありません。

そういう時だからこそ、私たちは茶の湯の心を見つめ直し、今一度、一人びとりが自分は素晴らしい世の中にいるのだという、「ありがとう」と「おかげさま」の気持ちを持てば、おのずと平和な明るい世の中が開けていくのではないでしょうか。

 

いよいよ新九州ブロックが始動します。今後ともよろしくお願い致します。

 

2023年1月  ブロック長 田中 節竜