10/16 第33期リーダーシップ・トレーナー出向員第5回研修

研修での学び・気づき
 総本部より「裏千家における学校茶道の取り組み」についてご講義いただき、続いて、岐阜支部副幹事長辻宗治先生による「親子の仕え合いについて」の講義がありました。印象に残ったのは、「愛される青年部を目指そう」居心地の良い場所は「ほう・れん・そう」であることなど、目的ありき、知る努力、理解していただく努力などのお話しでした。
 次に、総本部国際部から「裏千家の国際活動」について、指導者育成の取り組み、広報活動、茶を学べる場所、出版物についてお話を伺いました。事例紹介では、尾関直子氏と青木藤子氏から、ニューヨーク支部での活動についてお話があり、尾関氏は自宅でのお茶事の洋間や露地を写真で紹介されました。洋式の台所で懐石料理を作りおもてなしをされているそうです。青木氏は鶴屋吉信にお務めで、料理の担当をされアメリカの方に合う食材で料理を差し上げていることや、日本からニューヨークに茶人や陶芸家を招いて1〜2年に1度個展を開催して茶会をされていることの紹介がありました。
最後に、オンライン茶会では、「もし、海外でお茶を点てるとしたら」をテーマに日常で使っている洋食器などで見立ての盆略を考えました。フランスで一般的なお菓子のフロランタン・ショコラを発送していただき、それぞれに道具組を紹介しました。

宮崎青年部 平井 華

第33期リーダーシップ・トレーナー出向員第4回研修

令和3年9月25日(土) 

第4回の研修がオンラインにて行われました。新型コロナウイルス感染拡大の影響で現地開催はかないませんでしたが、画面越しの再開を喜びました。事前にグループに分かれて、「茶と禅」についてグループ毎にパワーポイントを使って発表資料を作りました。

2週間毎日のようにディスカッションを行い、深夜までやり取りをし、作業をおこないました。私のグループでは栄西禅師とお茶、寺院における喫茶儀礼、寺院と茶業、大徳寺という4つのテーマに絞り発表しました。また、臨済宗大本山妙心寺塔頭如是院での座禅の様子を拝見し、画面越しに座禅をさせていただきました。研修の最期にはオンライン茶会を開催し、円相をテーマに各自でお道具組とお菓子を準備しました。

このような機会を与えていただき、深く感謝いたします。 

大分青年部 小野 未希

7/9~7/11 第54回裏千家青年研修会(第33期L・T出向員研修 第3回研修)

 コロナ渦でオンラインでの研修が続く中、感染症対策を徹底したうえで青年研修会(第33期L・T出向員研修 第3回研修)がご宗家において開催されました。  

L・T33期メンバーと直接顔を合わせるのは今回で2回目、オンライン研修で何回も交流は重ねてきましたが、実際に会ってみると喜びも一入です。開講式では丹心斎若宗匠より「普段のお稽古とやることは変わらないかもしれませんが、ここ京都でしか体感できないことがあると思うので、学んだことや感じ取ったことをそれぞれの地に持ち帰って下さい」とご挨拶を頂きました。  

3日間そのお言葉を強く体感しました。京都の夏の暑さによる汗と緊張による冷や汗と、蓄積する足の痛み、それ以上に京都で大勢の仲間とともに学べる喜びを肌で感じることが出来ました。最終日はくたくたでしたが、3日間とても実りのある研修会となりました。様々なことに考慮して開催していただいたご宗家の皆様と、総本部の皆様には感謝しかありません。   

最近はオンラインでの研修が主流になってきていましたが、改めて直接現地で行う研修は「いいなっ!」と再確認が出来ました。  現在もコロナ感染が落ち着かずLT研修もオンラインが続きますが、今できることを精一杯やりぬき、残りの研修も頑張りたいと思います。                                        

鹿児島青年部  倉内 雅代

第33期リーダーシップ・トレーナー(L・T)出向員研修

第二回 令和 3年 5月 29日  

令和3年5月29日に第33期LT出向員第2回の研修がオンラインにて行われました。新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、昨年行われた研修から約15ヵ月ぶりの開催となりました。 「青年部について」の講義、SNSを活用した青年部活動の事例報告をして頂き、私たち出向員は、グループに分かれ「コロナ禍における青年部活動」というテーマをもとに、昨年の青年部活動の振り返り、そこから見えた今後の課題を発表しました。

各青年部の活動は、とても勉強になりましたし、共感する部分も多く、いまできることを自ら探していき、コロナ禍を乗り越えた先の青年部活動に活かしていきたいなと思いました。 また研修の最後には、オンライン茶会を開催しました。地元自慢のお菓子を紹介し、一服いただきました。少し前までは考えられなかったオンラインでの茶会ですが、コロナ禍で少し茶道と距離ができてしまったと感じていた私にとって、とても有意義な時間となりました。

 

熊本青年部 古城千紗子