第1期 九州ブロック研修チーム

第1回研修(唐津)

 

615日> 【埋 門 ノ 館】         

        受     付           12:30 〜 13:00 

                              13:00 〜 13:20

                        研修1(3分間スピーチ、他)   13:20 〜 14:50

                        研修2(唐津焼と焼物の歴史)  15:10 〜 16:40

          【旅 館 大 政】          

       夕 食 懇 親 会       18:15 〜 19:45

            ミーティング       20:00 〜 20:30
616日> 【唐津市民会館 第3会議室】          

            研修3(巻紙に書いてみよう)    9:00 〜 10:30

            研修4(淡交会青年部について) 10:45 〜 11:15

             ミーティング        11:15 〜 11:45

                     式        11:45 〜 12:00

 

研修チーム第一回研修の感想文(1日目)

 

鹿児島青年部 金本 歩

 

 

 

6月15日、16日の二日間、第一回研修が唐津で行われました。開講式では井上ブロック長からお茶で欠かせないのは人。お茶で繋がる仲間との交流を大切に楽しんで学んでほしいとのご挨拶を頂戴しました。初日の研修は三分間スピーチ、唐津焼づくしのお茶会を設けていただき、そのお茶碗を拝見しながらの唐津焼の講義でした。懇親会では終始笑いの絶えない時間を過ごし、その日最後のグループ討議では活発な議論を交わせるまでに打ち解けました。一方で他県の方との会話で経験不足だけでなく、何より地元の知らないことも多いと課題も痛感しました。これからの二年間が楽しみに、また目標も明確になった初日でした。スピーチで述べた通り、お茶をより楽しみ、その楽しさを伝えられるように研修に取り組んでまいります。準備をしていただいたブロック役員の皆様、送り出していただいた青年部の皆様、ありがとうございました。

  

研修チーム第一回研修の感想文(2日目)

 

博多青年部 江里口随子

 

 

 

第1回研修会2日目は、1日目の研修並びに旅館でとても楽しく過ごせましたので、私も皆さまも終始和んだ雰囲気で迎える事が出来たと存じます。研修3では、九州ブロック監事・佐世保青年部 白石英司様を講師としてお迎えした『巻紙に書いてみよう』でした。巻紙には、色々とポイントがあり知見を広げる事が出来ました。また、参考書物を拝見させて頂きましたが、字体が様々であり、相手を想う気持ちを伝え読み取って頂ける事が、大事であると再度思いました。実践では、下敷きの作成から始まり、巻紙に筆で手紙を書き、間違えた場合の巻紙の継ぎ方、書き終えると巻紙を封筒に合わせ折る作業までし、封筒に宛先を記入し、唐津郵便局から郵送するまで行いました。研修4では、引き続き前講師にて『淡交会青年部について』の講話がありました。淡交会青年部の歴史・構成・心がけなどのお話をして頂き、今後に役立つ時間を過ごさせてもらいました。